Latest Entries

ボランティア登録をお願いします!

社会福祉協議会では
広報活動、講座の開催、活動助成金、勉強会、会議室の使用など
たくさんの活動サポートをご用意しています。
さらにボランティア経験豊かな人たちと出会えるのも魅力のひとつ!

今年度は、グループ登録が113団体
約4,000名の方が登録しています!
グループは7分野に分けて登録されます。

登録は無料です。
まずはご相談だけでもOK!お気軽にどうぞ☆

登録のご案内チラシ(PDF)

ボランティアセンター 武内

小牧災害ボランティア支援センター

社協では、災害により多くのボランティアが必要となった際に
「災害ボランティア支援センター」を立ち上げる事になっています。
(市と設置・運営に関する協定を結んでいます。)

被災された方からニーズを受け付け、被災された方とボランティアを結ぶ役割(コーディネート)を担います。

ニーズの受付やコーディネートをスムーズに行うには、訓練を積み重ねることが
大切とされており、年に1度の訓練で働きの確認をしています。

災害時には我々職員も被災する可能性があり、多くの方の支援が必要になります。
1人でも多くの方に「災害ボランティア支援センター」を知っていただき、
運営に力を貸していただきたいと思っています。
また、もしみなさんが被災し困ったとき時には、遠慮なく活用していただきたいと考えています。

運営方法の詳細は、マニュアルをご覧ください。
災害ボランティア支援センター 運営マニュアル(PDF)
※表紙、様式は省いてあります。詳細はお問い合わせください。


ボランティアセンター 武内


障害者差別解消法の理解

先日1月12日に
ボランティア勉強会を開催しました。
12回目となる今回のテーマは「障害者差別解消法の理解」です。

講師には、
小牧市手をつなぐ育成会
ここばりこまき
市地域福祉課
の方々をお迎えしました。

手をつなぐ育成会さんからは、障がいのある子をもつ親の立場としての想いを。

ここばりこまきさんからは
医学モデルと社会モデルによる障がいの捉え方の違いを理解したうえで、
社会的な障がいを減らす環境の整備には、心のバリアフリーが大切であることなど
昨年起きた、障がい者施設での事件にも触れながら分かりやすくお話しいただきました。

市地域福祉課の職員からは、要領の整備、市職員に向けた研修会の開催などの取り組みについて報告いただきました。

P1140384.jpg

P1140392.jpg

P1140405.jpg


参加者の感想
○改めて、障がいのある方について理解を深めることができたかな。と思うことと、みんなが住みやすい(生きやすい)社会をつくるにはどうしたら良いか。とか、自分自身を見つめ直す時間になったと思って、参加させていただいて良かったです。
○障害者差別について学びましたが、まだまだ私の心の中に壁があることも実感した次第です。共生社会の中でお互いを理解することの大切さをもって、これからボランティアさせて頂きたいと思います。
○「こころのバリアフリーと障害者差別解消法」のていねいなお話でしっかり勉強できた。参加して良かった。
○勉強会にださせていただいて障害者差別解消法の法律があるということを知りました。出席させていただいて良かったです。
○重度の障がい者の方の対応で、もう少し私にできるポイントがあればと思いました。
○違反があった場合、罰則規定などあるか?
○現実に難しいこともあるだろうけれど、少しずつでも取り組んでいくことが大切だと思いました。
○さらに深く勉強していきたい。
○「障害者の差別解消についての研修会」をもっと多く開催していただきたい。

今後も、様々な社会課題に目を向けた勉強会を開催し、ボランティア活動のスキルアップにつなげていきたいと考えています。


ボランティアセンター 武内


ココボラ モザイクアートを展示します。

ココボラは、
ジュニア奉仕団の卒団生である高校生を中心に
大学生や社協の方などのサポートで活動しています。
今回、展示させていただくのは、
先日行われた小牧市民まつり福祉展で作られた
モザイクアートです。
私たちは、福祉とは何かということを考え、
福祉とは"相手を笑顔に自分も笑顔にさせてくれるもの"だと考えました。
そして「あなたが笑顔になれるとき」をテーマに
皆さんにメッセージを書いていただきました。
さまざまな年代の人が書いてくださり、
500人を超える人がこのモザイクアートに参加してくださいました。
このモザイクアートを展示することによって、
このメッセージを書くときに溢れた笑顔が
メッセージを見た人にも伝わり笑顔がつながっていけばいいなと思います。

学生中心で活動しているココボラを皆さんに知ってほしいです。
また、一緒に活動していただける方を募集します。
私たち「ココボラ」を皆さんに応援していただきたいと思います。

<展示日程>
①日 時:1月10日(火) ~ 1月23日(月)
会 場:小牧市役所本庁舎1F

②日 時:2月2日(木) ~ 2月18日(土)
会 場:ふらっとみなみ 講堂前 壁面

③日 時:2月19日(日) ~ 未定(2週間程度)
会 場:東部市民センター 2F展示スペース

ボランティア勉強会開催しました

皆さんこんにちは
ボランティアセンター木村です

今日は、去る12月15日に行われました「ボランティア勉強会」の様子を報告します
この勉強会は、平成25年度から「ボランティア活動の活性化」を目的に開催しており、11回目を迎えます。

今回はスペシャル企画です
昨年の東尾張ブロックボランティア集会でも大好評でした

第11弾 【健康関連】12月15日(木)13:30~15:00
    「心と体の健康 笑いヨガ&ヒーリングハープ」
    先生:一般社団法人 ラフターヨガネット
       常務理事 大川 実音吏 氏(グリンちゃん)

 笑いヨガは、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズです。
 笑うことで心身ともにすっきりし、元気になることができます。

人が怒る時は2種類あり、「自分の思い通りにならない時と、自分が大切にされなかった時。」
人間なんだから怒っても良いけど、いつまでも怒っていたら気分も悪いし自分の体の調子も悪くなる。
人生は今の積み重ねが未来に繋がるので、今を大切にし笑って過ごしたほうが良い。というお話しを伺いました。

 皆さん大いに笑い一時間半があっという間でした。
 最後はアルバというハープの伴奏に合わせて皆で童謡を歌い、先生のハープ演奏に耳を傾け癒された心で終わりました。

健康1

健康2

健康3


○参加者からの感想(アンケートから抜粋)
・笑いの大切さを再確認できた。
・気持ちがすっきりしました。いろんな事を悩んでもくだらないという気分。他の人にも伝えたいです。
・お話しに引き込まれました。ハープ演奏もすてきでした。私どものボランティアにも活かせると思いためになりました。


ボランティアの皆さんが今後の活動に活かせるように、
今後も内容を充実していきます
皆さんのまたのご参加をお待ちしています

平成28年度 5市町合同「防災カレッジ」参加者募集

皆さんこんにちは
ボランティアセンター木村です

今日は、5市町合同で行われる「防災カレッジ」の参加者募集をお知らせします

<タイトル>
平成28年度5市町合同「防災カレッジ」参加者募集

<目的>
この講座は、地域で防災・減災を推進する『防災リーダー』の養成を目的に、防災の基礎知識を習得する講座です。

修了後は「小牧防災リーダー会」に参加し、防災啓発活動を行うことが出来ます

<内容>
避難所運営ゲーム(HUG)
災害図上訓練(DIG)
応急手当実習
救出救助実習
防災講演(名古屋大学減災連携研究センター教授 武村 雅之氏)

過去の講座の様子
過去の講座の様子

<開催日時>
①平成29年1月21日(土)午後1時~午後4時
②平成29年1月22日(日)午前9時~午後4時
③平成29年1月28日(土)午前9時~午後4時(3日間受講)

<会場>
①小牧市役所(小牧市堀の内三丁目1番地)6階601会議室
②≪午前≫小牧市民会館(小牧市小牧二丁目107番地)
  ≪午後≫小牧市役所(小牧市堀の内三丁目1番地)6階601会議室
③小牧消防署(小牧市安田町119番地)3階講堂

<受講対象者>
5市町(小牧市、江南市、犬山市、大口町、扶桑町)に居住している地域防災に関心がある方

<参加費>
無料

<定員>
40名(先着順)

<HP・リンク>
小牧市公式ホームページhttp://www.city.komaki.aichi.jp/ から「防災カレッジ」を検索してください。

【申込み受付期間】
平成28年12月1日(月)~平成28年12月26日(月)

【お申込み、お問い合わせ先】
     小牧市役所危機管理課
       TEL,FAX,メールでお申込みください。
      (住所、氏名、年齢、電話番号 必要)
      小牧市堀の内3丁目1番地
      TEL0568-76-1171(直)・FAX0568-41-3799
      E-mail:kikikanri@city.komaki.lg.jp

講座終了後には、「小牧防災リーダー会」で、地域の防災リーダーとして活躍できます

ここで「小牧防災リーダー会」を紹介します。

○活動の趣旨
会員の防災知識及び技術の向上と会員相互のネットワークを図ることにより、地域の防災意識の普及を図ることを目的としています。

○活動内容
市民、自主防災会、小中学生などへの防災啓発教育(講座)
イベントでの防災啓発(福祉展、消防フェア、市民まつりなど)
小牧市危機管理課と協働の防災教育支援事業 など

○グループからのコメント
この講座を受講し、小牧防災リーダー会の会員となって「災害に強い小牧」を目指し、防災啓発活動を行ってみませんか

○グループについてのお問い合わせ先
小牧防災リーダー会 伊熊 090-3421-8353

○グループの活動の様子

消防訓練
消防訓練
災害図上訓練DIG
災害図上訓練DIG
災害写真、防災啓発写真の展示
災害写真、防災啓発写真の展示
家具転倒防止講座
家具転倒防止訓練講座

小牧おもちゃ病院トイトイ活動紹介

皆さんこんにちは
ボランティアセンター 木村です

今日は、小牧おもちゃ病院トイトイの活動をご紹介します。

◯活動趣旨
 おもちゃの修理により、ものを大切にする心、科学する心が育ちます
 また、リサイクルにより環境保全に貢献しています

◯主な活動
 おもちゃの無料修理

◯活動場所、活動日
 ふれあいセンター 毎週火曜日   午前10時~午後3時
 第2・4土曜日 午前10時~正午
 エコハウス    第1日曜日   午前10時~午後3時

◯HP・ブログ
 http://ecohousekomaki.jp/eco/top/toy.pdf

◯グループからのコメント
 先日、エコハウスにおもちゃを修理してあげた子どもたちからお礼のお手紙が届いており、びっくりしました。
 修理してあげて、こんなに喜んでもらえたなんて、私たち小牧おもちゃ病院トイトイのメンバーも大変嬉しかったです。

 P1130769.jpg

P1130767.jpg
  ※子どもたちからいただいたお礼のお手紙

Appendix

プロフィール

Author:小牧市社会福祉協議会
小牧市社協に関する情報を
随時お知らせいたします!
(0568)77-0123
shakyo@k-net.or.jp

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター